Indesign-電子書籍用ファイル「ePub」の書き出し

April 22, 2010
epub_img.jpg

「Kindle」や「iPad」の発売で注目を浴びている電子書籍。

電子書籍のファイルフォーマットである「ePub」が、Indesign(CS3以降)で書き出せるので試してみました。

「ePub」ファイルの確認は、「Adobe Digital Editions」を利用しました。

Adobeさんのサイトから無料でダウンロードできます。

Adobe - Digital Editions

Indesign(CS3)から「ePbu」ファイルの書き出し

1. Indesignでコンテンツ作成

Indesignの画面

「Indesignの画面」

2. 【ファイル>メディア間の書き出し>XHTML・Digtal Editions...】を選択

Indesignから書き出し

3. 各オプションを設定して、「書き出し」を実行すると「ePub」ファイルが出来上がる

書き出しのオプション設定

「一般、画像、目次に関する各設定ができる」

「Adobe Digital Editions」で見るとこんなかんじ。

Digital Editionの画面

「Adobe Digital Editionsの画面」

うーん。レイアウトができていないというのもあるが、微妙。。。

「均等配置」が効いてない(段落の右端が揃っていない)のが、気になる。これは、リーダーによって解消されるのかな?

重要なのは見栄えではなくコンテンツだとは思いますが、これを「書籍」というのはちょっと。まだ、「PDF」のほうが読みやすいと思いました。

「ePbu」のファイル構成

「ePub」ファイルは基本的には、zipファイルとのことなので、拡張子を「.zip」に変更し、解凍してみました。

解凍した「ePub」フォルダの中の「OEBPS」フォルダを開くと、XHTMLファイルとCSSファイルがありました。どうやら、「ePub」ファイルはXHTMLとCSSでレイアウトするようです。

「ePub」の中身については、スタッフのUeda氏がまとめているので、ご参照ください。

最近話題の「ePub」という電子書籍フォーマットを勉強してみました ― KYS-LAB_ueda

ということは、基本的にリキッドレイアウトのWebページと変わらないということなのか。

日本語フォントの問題

あと気になったのが、「Fonts」フォルダの中に、Indesignで使用したフォントがコピーされていたこと。埋め込まれないでコピーされるとデータが重くなるし、第一にライセンス的に問題があるのでは?? モリサワのリュウミンとか平気でコピーされてるし。これって、大丈夫なんでしょうか。

仮にフリーフォントを使用したとしても、旧字や外字などがきちんと表示するのかも問題。

日本語は欧文と違って、文字数が圧倒的に多いので、この文字の壁をクリアできないと、今の段階では厳しいのでは。「Flash」でいう、日本語を埋め込んだら重たいみたいな。ん~、ちょっと違うか。

結局、現段階(2010.4.9)では、Webページをつくってるのと、変わらないような気がしました。ただし、そういった日本語に関する不具合も、水面下ですでに開発中で、いずれ解消されそうな勢いも感じます。

ちょっと触っただけなので、大きな勘違いをしていたらスイマセン。また、何か分かったら書いてみようと思います。

追記(2010.4.13)

まぁ、いずれこういった電子書籍がわんさか出てきそうです。

参考サイト

Adobe InDesign CS4 * Digital Editions 用のコンテンツの書き出し(eBook)

STAFF_01 [KYS-LAB]: ページが見つかりません。